『おはなし屋』-space-『およろず』

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 英雄の伽《とぎ》       メルヘン Ⅱ 哲学とムスカ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit
   

未分類

いいはなしだなー

 
 英雄の伽《とぎ》       メルヘン Ⅱ 哲学とムスカ


タリバンに拉致されたインド人、食事にふるまった本場のカレーで解放。

いいニュースだったので御紹介。


「ストックホルム症候群」ってありますよね。
拉致誘拐とかされて、犯人と行動を共にした被害者が
犯人に共感をいだいてしまう、というアレです。

なんでもかんでもシンドロームつけたがるのは何でなんでしょうかね。
分類したいんですかね。わかりません>< 

なんて、「ストックホルム症候群なんか嫌いだぜ症候群」な俺ですが。
なぜかって、
他人への友情とか共感が病気扱いになってるんですもん。

出会いの形はどうあれ、状況がどうあれ、
信頼をよせた行為を症候群扱いするのは、なんか、かなしいやないですか。


俺は来るものは拒まないんだ!! ガバッ!!(閉めろ)


まあ、それはさておき。

このニュースはいいですね。今日はカレーにしよう。
カレーは世界を救う。

こういう夢を見たことがあります。
拉致されて、
銃持った兵士たちがわらわら居るテントに捕まってたんですよ。
「料理だと!? 挽回のチャンス到来!」まではまったく一緒でして。
結末は違うんですけどね。
あの夢は忘れられないですね。


ロケット型の鉛弾を、
ゆっくりと銃に込めていくあの触感が。




(´・ω・`)




(´・ω・`)コロシチャッタ。





今日の昼飯は!カレーにしよう!!

もくじ   3kaku_s_L.png   未分類
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【英雄の伽《とぎ》       メルヘン Ⅱ】へ
  • 【哲学とムスカ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。