『おはなし屋』-space-『およろず』

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 英雄の伽《とぎ》       鈴の音が聞こえない Ⅴ 英雄の伽《とぎ》     インタールード―― 幕間 Ⅰ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit
   

あまた、シロウサギ。

タイムマシンは作らない方がいい。

 
 英雄の伽《とぎ》       鈴の音が聞こえない Ⅴ 英雄の伽《とぎ》     インタールード―― 幕間 Ⅰ
これは本日の昼休み、僕が社長室で社長の小言を聞くあいだ、
あまりに退屈なのでふと考えた妄想である。

オチもひねりもないただの妄想である。

「こんなクソみてえな文を読ませやがって! ファッキン!ファッキンジャップ!」
と、いわずに、
「ワオ、ジェニー! こんなクソみたいな文に時間をとらせようっていうのかい?」
「そうなのボブ、でもせいぜい5分くらいよ! HAHAHA、シット!」
と、なごやかに通り過ぎて欲しい。



タイムマシンは、つくらない方が良いような気がする。

ためしに一般市民Aさんが、タイムマシンでフランス革命期に行くとする。
タイムマシンをつかう条件として、あれやこれや制約もあるだろう。
Aさんは勤勉で、マジメで、優秀で、フランス語が堪能で、規則を守る。
歴史上の人物に手をふれてはいけませんとか、
エサを与えてはいけませんという条件にイエスと頷くだろう。

そしてAさんが、フランス革命期、
27歳のナポレオンの寝室にタイムワープすることに成功したとする。

Aさんは優秀だ。
たとえば真の愚か者がここに来たとして、
かのナポレオンに出会えたことに感涙し、彼に手をふれないようにしながら、

「あの、ウマでウィリーしてるポーズをとってもらっていいですか!?」

とお願いしたとしても、真の愚か者には伝える術もないだろう。
Aさんはまじめで、勤勉で、常識的だ。
そんな愚かなことをするような人ではない。

Aさんは流暢なフランス語でこう言うだろう。

「わたくし、未来から来ましたAと申します。
 あなたさまが未来で語り継がれていると証明できるカタログがあるのですが、
 ご覧になりますか。
 その際にはここに一筆いただくことになりますが、いかが致しましょう」

と、かの有名なダヴィッド作、『サン・ベルナール峠を越えるナポレオン』が印刷された
ノートを差し出し、さりげなくサインを求めるだろう。

ナポレオンはこう言う。
「これは私のように見えるが、いったい誰が書いたのか」。
勤勉なAさんは答える。
「5年後にお分かりになるでしょう」と。

にっこりと笑うAさんに、ナポレオンは興味をもつかもしれない。
Aさんはナポレオンに決して手をふれないようにしながら、
彼がいかに偉大な人物として語り継がれているかを、具体的な事実をふせて説くだろう。
二人は妙に打ち解け、ナポレオンは、奇妙な友人のノートにサインする。

「さあ、サインした。私が未来で、どう語り継がれているかを見せてくれ」

ナポレオンは、意外にも朗らかに言うに違いない。
かくしてナポレオンは、

「かんしゃく持ち、落ち着きがない飽きっぽい性格」
「字がヘタでオンチ、クレープ占いにハマっていた痔持ち」

という、現代の歴史学の英知を目の当たりにするのである。




「聞いているのかね!」

社長の言葉で、はっと我に返った。

壁・床・天井、どこをとっても白一色の社長室の中で、
禿げ散らかした頭を乱反射させた初老の社長が非常に怒っている。

「君はどう、どう責任をとるつもりかね!?」

どうと言われても。
僕は白衣の襟をぴしりと正して、まじめに、まじめに頷いた。

「どうすることもできません」

爆音が響いた。
白壁がぶちぬかれた。
社長がまるでグ○コのパッケージのように、両手と片足をあげて絶叫した。

コンクリートにドリルをねじこむようなマシンガンの連射音が、
怒号のように流れ込んでくる。

ぼくは、夕焼けの空がひろがった壁に近寄り、
眼下の世界を見下ろした。


血の海――もちろん比喩ではない――の上で、
ナポレオンと煬帝が現代人を奴隷に決戦をくりひろげている。

廃墟となったビルの屋上ではマタ・ハリと川島芳子が磔にされ、
イエス・キリストとムハンマドとガウタマ・シッダールタがそれぞれ祝詞をあげている。

カエサルとブルータスはさながら青春のように
血の染みたコンクリートの上で殴り合い、
そんな二人を前に徳川綱吉が満足げに頷いている。

三人をまとめてガトリング砲でぶち抜いたヘンリー・リー・ルーカスは、
その肉片を拾ってアルバート・ハミルトン・フィッシュに手渡すものの、
彼はウジ虫でも見るようにして受け取らなかった。

人なら沢山いるものの、現代の政治家はどこにも見えなかった。

コの字になった部屋の隅にはりつきながら、社長は泣き叫んだ。

「君は、規則は万全にととのえたと言っただろう!?」

ふとぼくは、めぐらせた視線をとめた。
とあるビルの屋上に、ボロボロの和服を着た子どもたちがいる。
遊んでいる。 歌が聞こえてくる。
とおりゃんせ、とおりゃんせ。

「きみ、答えたまえ!!」
「規則は万全です」

行きはよいよい、帰りは怖い。
こわいながらも…

子どもたちの声が、紅い空を飛んでくるヘリの轟音に掻き消える。
あれにはいったい、誰が乗っているんだろう。
歴史上の全人類を選択肢に入れなければならない、そんな日がくるなんて。

ぼくはひとつ、ため息をついてガタガタとふるえる社長を振り返る。
襟をぴしりと正して、ぼくはまじめに言い切った。


「こちら側の規則は。 ですけどね」



これは、未来からの手紙である。


タイムマシンは、作らない方がよい。





もくじ   3kaku_s_L.png   あまた、シロウサギ。
   

~ Comment ~

NoTitle 

こんばんにゃ。

もうだめ。。。
おかしくって大笑い。
涙出た。

またくるにゃ。

ねこらくしゃんへ 

こんばんにゃ。

大笑い!? そんなはずはっ!
火和良としては限りなくシュールブラックを目指しつつ、
現代の政治家に「もっとしっかりしないとナポレオンに侵略されちゃうよ!」
と、叱咤激励を送りさらに時代の予言暗喩としてホニャララ
いや、ただのアホなSFです。ソーリー。

読んでくれてありがとうw
私もまた行くにゃ。

こんにちわ 

先日はコメントを残していただきありがとうございました。
御礼をせねば!と早速遊びにきました。

「ワオ、ジェニー」・・・アメリカンホームドラマをイメージしてしまうような明るいやり取りなのに、内容が汚い。(笑)
これこそアメリカンジョーク。火和良さんは本場の方ですか?

ショートショート、読みやすくて面白かったです。(なるほどねと。笑)
今度、時間のある時に他の作品も読ませていただきますね。

そらまめさまへ 

ようこそ、こんにちは。 コメントありがとうございます!

火和良は日本製です。 純米100%。
英語も 「みーとぅ!いえすいえす!」 しかいえない
あいきゃんすぴーくいんぐりっしゅありとるな人です。
来年中にぺらぺらになりたいです。

ご来訪ありがとうございました、
私もまた遊びに行かせて頂きます♪v-227

NoTitle 

ほにゃららこんばんは。
ご返信ありがとうございます。

サイト名変わられましたね。
リンクも変更しておきました。

お知らせまで。

こんばんは 

オルゴールの箱の中に言葉がたくさん入っていて
ねじを巻くとメロディーと一緒に言葉が流れてくる感じ
がしました(*^▽^*)
川島芳子 男装の麗人ですね・・・

また遊びに来ますね♪

りりないふさまへ 

こんにちは、りりないふさん!
りりママさんて不思議ですね、
落ち込んでるときにジャストタイミングでコメントを下さいますw ありがとうございます。

…はりつけにしてしまいました男装の麗人を。
タイムマシンが出来たら私こそ虐殺されそうなSSを、
そんな綺麗な比喩で。 なごみました。

今、仕事と平行して運営してるのでちょいとスピードが落ちるかと思いますが、
ぜひ、また遊びにいらして下さい。
私も遊びに行きますねv-10

こんばんは 

気になってまた遊びに来てしまいました(汗)

私 お役にたってますか?(*"ー"*)フフッ♪
とても嬉しいです❤

お仕事頑張って下さいね
私はのんびり待ってますから大丈夫ですよ~
マイペース マイペース♪
また遊びに来ますね(*^▽^*)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【英雄の伽《とぎ》       鈴の音が聞こえない Ⅴ】へ
  • 【英雄の伽《とぎ》     インタールード―― 幕間 Ⅰ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。