更新履歴

さわりを読むをクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

    日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼
2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12

【  2009年11月  】 

前月     2009年11月       翌月

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

英雄の伽《とぎ》       メルヘン Ⅱ

未分類

2009.11.12

   「おとぎ話でも、してやろうか」暖炉のまえで胡座をかいていたその男は、手を打って呟いた。古びたベルベットの絨毯を埋め尽くしている、人間の背中の海。壊され、夜空がぬけている部屋の一角からは、粉雪が降り込んでいる。ひろい広間をぐるりと取り囲む、屈強そうな男たちの肖像画。床におち、雪とホコリをかぶった、愛嬌のあるシカの剥製。広間の出口には、ぴしりと背をのばした鎧が一体、立っており、ところどころ背中の海...全文を読む

いいはなしだなー

未分類

2009.11.12

 ...全文を読む

哲学とムスカ

未分類

2009.11.12

 ...全文を読む

0と1があるだけいいじゃん

未分類

2009.11.12

 ...全文を読む

英雄の伽《とぎ》       メルヘン Ⅲ

未分類

2009.11.12

    そのやかましい鎧は、足だけは土台にくくりつけられており、自由に動くことは出来ないようだった。鉄の関節を大いに騒がせながら、鎧は大舞台のプリマドンナでもそこまでしないだろうというほど大仰によよよーっと泣き崩れ、……ようと試みている。実際はせいぜい、鎧と床の角度が垂直から45度くらいになる程度である。なんとか膝をつこうと前や横にうねり、反り返る鎧は、見ていて非常に、非常に、気持ちが悪...全文を読む

2009年10月     2009年11月       2009年12月

Menu

最新記事

おいでませ

おてがみ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやいてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。